Goal 13
気候変動及びその影響を軽減するための
緊急対策を講じる
Take urgent action to combat climate change and its impacts

番号

ターゲット

番号

指標(仮訳)

13.1

すべての国々において、気候関連災害や
自然災害に対する強靱性(レジリエンス)
及び適応の能力を強化する。

13.1.1

10万人当たりの災害による死者数、
行方不明者数、直接的負傷者数

13.1.2

仙台防災枠組み2015-2030に沿った国家レベルの
防災戦略を採択し実行している国の数

13.1.3

仙台防災枠組み2015-2030に沿った地方レベルの
防災戦略を採択し実行している地方政府の割合

13.2

気候変動対策を国別の政策、戦略及び
計画に盛り込む。

13.2.1

気候変動の悪影響に適応し、食料生産を
脅かさない方法で、気候強靱性や温室効果ガスの
低排出型の発展を促進するための能力を
増加させる統合的な政策/戦略/計画
(国の適応計画、国が決定する貢献、
国別報告書、隔年更新報告書その他を含む)の
確立又は運用を報告している国の数

13.3

気候変動の緩和、適応、影響軽減及び
早期警戒に関する教育、啓発、人的能力及び
制度機能を改善する。

13.3.1

緩和、適応、影響軽減及び早期警戒を、初等、
中等及び高等教育のカリキュラムに
組み込んでいる国の数

13.3.2

適応、緩和及び技術移転を実施するための
制度上、システム上、及び個々人における
能力構築の強化や開発行動を報告している国の数

13.a

重要な緩和行動の実施とその実施における
透明性確保に関する開発途上国のニーズ に
対応するため、2020 年までにあらゆる
供給源から年間1,000億ドルを共同で動員する
という、UNFCCCの先進締約国による
コミットメントを実施するとともに、
可能な限り速やかに資本を投入して
緑の気候基金を本格始動させる。

13.a.1

2020-2025年の間に1000億USドルコミットメントを
実現するために必要となる1年当たりに
投資される総USドル

13.b

後発開発途上国及び
小島嶼開発途上国において、女性や青年、
地方及び社会的に疎外されたコミュニティに
焦点を当てることを含め、気候変動関連の
効果的な計画策定と管理のための能力を
向上するメカニズムを推進する。

13.b.1

女性や青年、地方及び社会的に疎外された
コミュニティに焦点を当てることを含め、
気候変動関連の効果的な計画策定と管理のための
能力を向上させるメカニズムのために、
専門的なサポートを受けている後発開発途上国や
小島嶼開発途上国の数及び財政、技術、
能力構築を含む支援総額


出典: 外務省, 総務省